ZC31S & CarAudio

ZC31S(スイフトスポーツ)とカーオーディオの日記。 スイフトは、オーディオのベース車として購入したんですが、走りも良いのでいじりたい欲が出てきてます。ヤバイかもw。

--/--/--(--) <スポンサー広告> スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップ↑ ZC31S & CarAudio スイフトスポーツ カーオーディオ

2008/06/28(土) <CarAudio> 下が先ですか・・・

WF・TWダブルになって1週間。
試聴してみると、低域が伸びます。やはり、エージングが先にダブル化したWFの方が早いようです。

下が伸びたのに、上がイマイチ伸び切れないので、非常にバランスが悪いです。
仕方がないので、ちょっと高域を強めに出して誤魔化して聴きます(^_^;;;)

それにしても、ビッグバンドの大音量はしびれます。
低域が締まっているので、どこまでも音量が上げれる・・・・・んですが、アウターが振動するし、車内のものが鳴り出すし、限界があります。

また、シングルの時はユニットの限界が先でストレスが溜まりましたが、ダブルにすると耳の限界の方が先なので、音量的には問題なくなりました。

あとは、細かな調整ですが、TWのエージングが進まないと詰め切れないですねえ。

TW、一旦外して、屋内でエージングするかなあ?


スポンサーサイト
トラックバック:0 | コメント:0 | ページトップ↑ ZC31S & CarAudio スイフトスポーツ カーオーディオ

2008/06/22(日) <CarAudio> これは期待できそうだ

ダブルWF+ダブルTW、音が、もの凄い速さで変わっていきます。
WFもTWも、1セットは1年寝ていたので仕方がないでしょうが、10分経たないのに音がコロコロ変わります。

朝方は鈍い音で我慢して聴いていましたが、夕方になると高域が伸びてきました。
もちろんまだまだなんですが、大分気持ちよくなってきました。

あと100時間もしたら、結構聴けるんじゃないかな?

ただ、調整はかなりシビアな予感がします・・・(^_^;;;)
トラックバック:0 | コメント:3 | ページトップ↑ ZC31S & CarAudio スイフトスポーツ カーオーディオ

2008/06/21(土) <CarAudio> TWダブル化 作業

TWは、構想無しで作業。

まず、TW台の作成。
ベースはとりあえずMDF。170×70×5を2枚切り出し。
そこに、以前作ったカバ合板のTWマウントを固定。

テラノの時は軸がずれてたけど、今回はバッチし合わせました(笑)

200806211s.jpg


次は、TWステージに置いてみて、大体の位置を把握したら、TWステージにも穴を空けて、TW台にも穴を空けて、設置。
元々ダブル用におきなステージを作っていたので、ピッタリですね。

200806212s.jpg


左も、良い感じ。

200806213s.jpg


音は・・・、ちゃんと聴いてないけど、眠い音です。
そりゃ、1セットは1年寝ていましたから、起きるのに時間がかかるでしょう。

しばらくは、エージングが必要ですね。


夜の試聴。

うん、まだ2個のユニットが同調してないのでしなやかさは無いけど、オケ物やビッグバンドの臨場感は秀逸。なかなか期待できそう。
全体としては、もの凄くタイトで切れます。ちょっとシビアすぎるか?もう少し余裕が欲しいところ・・・。

まあ、1ヶ月は様子を見ないとね。
トラックバック:0 | コメント:2 | ページトップ↑ ZC31S & CarAudio スイフトスポーツ カーオーディオ

2008/06/15(日) <CarAudio> 内張りは難しい

内張りが立体的で、上・左と下・右 と3カ所で平面でないのです。

上は、左側が、元のバッフル用に盛り上がってます。
ここをカットして、左とレベルを合わせる必要があります。

200806153s.jpg


すると、左側も大きくカットしないと駄目ですね。

200806151s.jpg


ただそうすると、下は盛り上がった部分で平らになっているので、レベルが合わない。
ここが一番の悩み所です。

200806152s.jpg


右は、BOX状になってるし。

200806154s.jpg


ったく、難儀なドアだよなあ。
トラックバック:0 | コメント:3 | ページトップ↑ ZC31S & CarAudio スイフトスポーツ カーオーディオ

2008/06/14(土) <CarAudio> WFダブル化作業 その3(内張り装着)

とりあえず、内張り付けました・・・・、右だけですけど(^_^;;;)。
車とは4往復くらいで、付きました。1時間くらいかな。

200806141s.jpg


意外と普通~(笑)。塗装したら、目立たなくなりそうですね。

200806142s.jpg


ただ、細かいところはまだです。どうするかなあ~。
今回は綺麗にしたいし・・・。


午後一番で、左も作業。何と20分で付いちゃった。

で、早速試聴。

ボーカルがドアに寄るのは、内張りを付けると予想取り無くなりました。
ほぼ、以前の定位に復活。

WFが滑らかになったので、TWがきつく感じるので、アッテネーターを絞って調節。
これだけの作業で、気持ちよく聴ける。
細かいところで気になる箇所はいくつかありますが、今の段階で言っても仕方がない。

満を持して、SING・SING・SINGを、大音量でかける。

気持ちいい~!

ホールで鳴ってるバスドラが切れる切れる。小音量時は少し物足りなく感じた低域も、大音量だと丁度良い。
久々に堪能出来たなあ。やっぱ、13cmはダブルでないとねえ。

ただ、大音量時は外鉄板の振動で、多少音の輪郭が甘くなる感じがします。
外鉄板の補強が必要ですね。

後は、内張りも少し補強して、内張りと内鉄板の間の空間を塞いで・・・。
まだまだやることはありますねえ。
トラックバック:0 | コメント:5 | ページトップ↑ ZC31S & CarAudio スイフトスポーツ カーオーディオ

2008/06/14(土) <CarAudio> ダブルWF 評価その1

コーキングも乾いた頃だろうから、軽く聴いてみた。

低域の締まりは、このままでもOK。ベースがぼけない。素晴らしい!

ボーカルがドアに引っ張られる。
これは、内張りがまだ付かないので、あちこち振動して、邪魔な付帯音が音像をドアに引っ張っているのだろう。

中域、少し厚すぎるか?
付帯音もあるだろうし、ちょっとクロスがかぶり気味かも。
ダブルにして余裕が出たから、かぶり気味になったのかな?

音量・・・・。今までは耳の限界よりユニットの限界が先だったが、今度は耳の限界の方が先か?(笑)
フルオケでバスドラが鳴ると、ドアが鳴る鳴る!


と言うわけで、まずは内張りを付けて、内鉄板の振動による付帯音のカットからです。
その次に、必要であれば吸音。少し中域を吸ってあげたら、バランスが良くなりそう。
その後、外鉄板の補強かな。

ダブル化2回目だから、ノウハウも少しは溜まったのかな?。
結構早く調整出来そうな予感。
トラックバック:0 | コメント:0 | ページトップ↑ ZC31S & CarAudio スイフトスポーツ カーオーディオ

2008/06/11(水) <CarAudio> 吸音材

とりあえずバッフル付いたので、次は内張り。

内張りは、バッフルが収まるように微調整しながらカットするんだろうなあ。
あ~ヤダヤダ。気が遠くなりそう(^_^;;;)

あと、内張りと内鉄板の間に巨大な空間があるから埋めなくちゃいけない。
何で埋めるかだけど、ここはやっぱりテラノで使っていた、ミクロンウールかなあ。
カーではあんまり馴染みのない素材ですが、ホームの特に自作派の人は知っている吸音材です。

いつもの通り、ヤフオクで検索・・・・、やっぱ無いか。マイナーだもんなあ(笑)

仕方がない普通に検索・・・、をっと楽天市場でヒット。¥2000。両ドアで、¥4000。
ちょっと高いけど、ここはケチりたくない部分だよなあ。

なになに、「※ドア内等の水が掛かる場所での使用は避けてください。」だって。

余計なお世話じゃ~!

おっと、コイズミで¥1180だ!これは安い!

ネットでの最安値は、¥1100か。ニードルフェルトも一緒に買うかなあ。
トラックバック:0 | コメント:0 | ページトップ↑ ZC31S & CarAudio スイフトスポーツ カーオーディオ

2008/06/08(日) <CarAudio> WFダブル化作業 その2

今日は時間が無かったけど、何とか1時間半の時間を作って、突貫作業。
しかし、1時間半では細かいところまで丁寧に出来ないので、結構アバウトに装着。

大きな隙間にはブチルゴムを詰めて、バッフルと内鉄板の間にはコーキング材をたっぷり付けて、隙間が出来ないようにM5のステンボルト6本で固定。

200806082s.jpg


やっぱダブルは迫力ありますねえ。

200806081s.jpg


収まりも良い感じ?
ただ、当然内張りは付きません(笑)


夕方、買い物のついでに試聴。

正直、期待はしていませんでした。
前回、ダブルにしたときは、キチンと鳴るまでに半年かかりましたから。

なので、あんまり期待しないで試聴・・・。

なんで、こんなにちゃんと鳴るの~?(◎_◎)

コーキング材も乾いてないし、SPケーブルなんてねじって繋いだだけだし、ナットもゆるゆるだし・・・。
第一、調整していないポン付けだよ!。

使ってる機材が良いからかなあ?気持ちよく聴ける。

心配した低域も、36mmと言う厚みのバッフルで、しかもテーパー無しなので、背圧がかかりよく切れてます。
ちゅーか、切れすぎかな?ほんの少し量感が足りない?背圧がかかりすぎて、少し動きが制限されすぎか?

な~んて、評価は最低1週間は待たなくちゃ出来ないですね。
あんまりちゃんと鳴るもんで、焦っちゃった(^_^;;;)

いや~、正直来週が楽しみですねえ。

あ、どーせならTWのダブル化もやってしまおうかな。
トラックバック:0 | コメント:0 | ページトップ↑ ZC31S & CarAudio スイフトスポーツ カーオーディオ

2008/06/07(土) <CarAudio> WFダブル化作業 その1

今日は、ポッカリ午前中空いた。
これは作業するしかないですね(笑)

とは言え、ダブル化は気が重い・・・。今、いい音で鳴っているし・・・。
なんて事を言ってると、前に進めないので、強引に作業着手。

まず、内張りを剥がす。1年ぶりだなあ。

200806071s.jpg


サービスホールを塞いだ以外は全く何もしていません。

さて、どの位置に取り付けようかな?
事前に検討していた位置を確かめるけど、2案ともイマイチ。

200806072s.jpg


結局、今空いている穴を生かして、横に配置することにしました。

200806073s.jpg


しかし、この位置だと、ユニット1個分の穴を空けることに。しかも、円形・・・。

200806074s.jpg


仕方がないので、ドリルで穴を一杯空けて、ディスクグラインダーで切ります。

200806075s.jpg


まあまあですね(^_^;;;)

200806076s.jpg


仮止めしてみました。

200806077s.jpg


左のユニットは狙い通り内鉄板と密着していますが、

200806078s.jpg


右は浮きまくり・・・。

200806079s.jpg


横も、指が入るくらい浮いてます。

2008060710s.jpg


さて、この浮いている部分をどうしようかなあ?

と思っていたら、11:30。今日はここまで。
約2時間でここまでで来たので、上出来ですね。


昼からも少し時間が取れたので、作業続行。

以前使っていたバッフルの一部を切って、隙間に噛まします。
カンナで削っては合わして、また削って・・・、暑いし集中力が持たない。
それでも右は何とか出来たけど、

2008060711s.jpg


左は集中力が続かす、かなり適当に・・・(^_^;;;)

2008060712s.jpg


残った隙間は、ブチルか何かで塞げば良さそうです。

全景です。まあまあかな。

2008060713s.jpg


明日には、とりあえず音が出せるかなあ。
トラックバック:0 | コメント:2 | ページトップ↑ ZC31S & CarAudio スイフトスポーツ カーオーディオ

2008/06/04(水) <CarAudio> ダブル化準備 その3

丁度一年前にダブル化構想したときの画像。

1.斜めに付けるパターン。
 メリットは、二個のユニットから耳までの距離差が少ないこと。
 デメリットは、鉄板を切る面積が大きいので強度的に心配。元の穴の処理が必要。さらに、内鉄板に段差があるので、この処理が重要。
      

2.縦に付けるパターン。
 メリットは、鉄板・内張りを切る面積が小さくて済む。
 デメリットは、二個のユニットの耳までの距離の差が大きい。


斜めに付けるパターンは、加工が難しいし、下手すると音も悪くなりそうだなあ。

やっぱ、縦に付けるパターンかな?
トラックバック:0 | コメント:2 | ページトップ↑ ZC31S & CarAudio スイフトスポーツ カーオーディオ

2008/06/01(日) <CarAudio> ダブル化準備 その2

近所のホームセンターで、パイン材を買って、その場で2カットしてもらって、160×300×18 を2枚作りました。
カット代込みでも、¥490。安いね~。

家で、4個穴を空けて、木工ボンドで接着中。

WFの準備完了。・・・って、実は付けるのが大変なんだよなあ。

縦に付けると楽だが、音質的には・・・・。

斜め横に付けると音質的には良いだろうけど、施工が数倍大変。

どうするかなあ?

200806011s.jpg
トラックバック:0 | コメント:0 | ページトップ↑ ZC31S & CarAudio スイフトスポーツ カーオーディオ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。